採用・定着のお役立ち情報発信中! Mail Magazine
Mail Magazine

ABOUT私たちについて

VISION

日本の"FUKUSHI"を、
世界最高の"welfare"に
誰もが当たり前に生きることが
できる社会をつくる

そのために

MISSION

次世代を担う若手人材の
採用・育成を支援し
福祉の未来をともに
創造していきます

取り組む課題

福祉業界を選ぶ若者は少なく、離職者が多いという現実

私たちは、福祉業界の人材難を業界全体で解決することを目指し、若手福祉従事者同士をつなぐ「全国若手福祉従事者ネットワーク」を2009年に立ち上げました。その後、2014年に「FACE to FUKUSHI」へと名称変更し、若手人材の採用と育成・定着をサポートする事業を展開しています。

福祉に「3K」というネガティブなイメージをもち、福祉業界を就職の選択肢として考えない学生は少なくありません。また、3年以内の離職率は38.6%*と、他業界に比べて高水準となっています。つまり、就職率が低く、離職率が高い。これが福祉業界の若手人材における現実です。

とは言え、福祉は困っている人の支えとなることができる、とても誇らしい仕事。まちづくりも含めた多様な取組みは、これからの時代における福祉の可能性を示しているように思います。また、実際に働いている多くの人がやりがいを感じ、楽しく働いているのも事実です。

学生のイメージが悪いのは、福祉の魅力や、現場で生まれている笑顔ややりがいが、彼ら彼女らに伝わっていないことが原因なのではないでしょうか。さらに、離職理由として「入社前に思い描いていた法人理念や仕事内容に対するギャップ」が多く挙げられますが、これも法人の理念や仕事内容が学生に伝わらないまま採用・就職に至っている結果だと考えられます。

5年後・10年後を考えた採用活動を

福祉業界において、新卒採用を積極的に行なっている法人は多くありません。目の前の仕事をこなすための人材確保に気をとられ、「新卒採用が今すぐに経営を揺るがすことはない」という認識のもと、新卒採用が後回しにされているように見受けられます。

しかし、人材の採用や育成は、成果が出るまで時間がかかるものです。とりわけ福祉の仕事は人によって成り立っており、人材に関する課題に取組むタイミングが後になればなるほど課題はより深刻化し、法人として致命的な状態におちいる可能性も出てくるのではないでしょうか。

5年後・10年後を見据えると、法人理念に共感し長期的な関係を築くことができる、次世代の福祉経営の担い手となる人材の採用と育成・定着こそが喫緊の課題です。私たちは、それらを解決すべく事業活動を展開しています。

福祉を「働きたい、働き続けたい」仕事に

福祉は、人の幸せに関わることができる、やりがいと誇りのある仕事。この仕事を持続可能に発展させていくためにも、若い人材の採用と育成・定着に力をいれ、学生に「おもしろい、働いてみたい」と思われるだけでなく、いま福祉の仕事をしている人もイキイキと働き続けられる、そんな好循環を福祉業界につくっていくことが私たちの役割だと考えています。

*平成30年3月新規大学卒業者:厚生労働省「新規学卒者の事業所規模別・産業別離職状況­|大学/医療・福祉」より

強み/特徴

福祉の現場から生まれた「福祉の未来をつくる」というビジョン。
私たちは、ビジョンに共感する人たちと出会い、関係を深めながら、さらなる課題解決・価値創造に向かって挑戦し続けていくプラットフォームです。

立場や経験の異なる多種多様な人たちと対話と協働をかさね、福祉に新たな流れを生み出していきたいと考えています。

  • 意欲のある学生とのつながり

    意欲のある学生との
    つながり

    「誇りややりがいをもって福祉の仕事に取組みたい」。そんな思いをもった学生が集まり、切磋琢磨しあえる場をつくっています。

  • 志のある福祉法人とのつながり

    志のある福祉法人との
    つながり

    「福祉の未来をつくる」というビジョンに共感する法人が集い、自社や業界全体の発展を見据えて、職員の採用・育成に取組んでいます。

  • 大学・教職員とのつながり

    大学・教職員との
    つながり

    全国の福祉系大学の教職員と連携し、学生が福祉の魅力や可能性に気づくための機会を提供しています。

メンバー紹介

  • 共同代表 河内 祟典

    共同代表

    河内 祟典

    NPO法人み・らいず 代表理事
    NPO法人edge 代表理事
    一般社団法人Collective for Children 共同代表
    近畿大学 非常勤講師

    課題先進国と言われる日本から、世界最高水準の「FUKUSHI」をつくっていきたい。まずはそのためにも、立場・役割を超えた協働を深めながら、課題解決や価値創造のための挑戦をかさね、福祉の仕事を若者たちの憧れにしていきたいと思っています。

  • 共同代表 大原 裕介

    共同代表

    大原 裕介

    社会福祉法人ゆうゆう 理事長
    北海道医療大学 客員教授

    人口減少・超少子高齢化が進行する日本において、福祉の仕事の重要性がますます高まるなか、若者たちに福祉の魅力や可能性を伝え、自らが主役となって未来をつくろうという気概のある仲間を増やすことに力を尽くしていきます。

  • 今津 新之助

    理事 | プロジェクト・デザイナー

    今津 新之助

    福祉の世界に大きな可能性を感じます。価値創造へと向かう意思ある挑戦の伴走者として、望ましい未来をともに描き、さらなるコラボレーションに取組んでいきます。

  • 岩本 恭典

    事務局長

    岩本 恭典

    福祉人材確保には、現場で活躍する職員一人ひとりが、福祉の魅力を発信することが不可欠です。今後も福祉職員と学生との多様な接点をつくっていきたいと思っています。

  • 池谷 徹

    事務局 | ファリシリテーター

    池谷 徹

    今後はさらに人材不足が顕著になり、働き方や仕事の見つけ方の多様化が進んでいきます。若者が福祉の可能性を感じられるよう、これからも魅力的な場づくりに挑戦していきます。

  • 近重 有貴

    事務局

    近重 有貴

    福祉学部で学び、資格取得までしても、福祉の仕事を選ばない多くの学生たち。彼らの「もっと福祉の仕事を知りたい」という思いに応え、自らと向き合える企画を考えています。

  • 上杉 きよみ

    事務局

    上杉 きよみ

    福祉と出会った学生たちが、入職後もいきいきと誇りをもって働くことを応援し続けたい。
    自身の福祉現場での経験も生かしながら、現場スタッフや学生の声に耳を傾け、最適な機会やつながりづくりに挑戦していきます。

  • 法城寺 光恵

    事務局

    法城寺 光恵

    学生時代の体験から、福祉のしごとの魅力や価値を若い世代に伝えたいと思い、新卒で現職を選びました。企画運営や広報活動などを通して、1人でも多くの学生に福祉の魅力を伝えていきたいです。

  • 堀口 真由子

    事務局

    堀口 真由子

    幼いころより福祉が身近に溢れた環境で育ちました。福祉の楽しさや面白さを広め、「将来就きたい職業ランキング」で介護福祉関係が上位となり、若者たちにとって憧れの職業となるよう力を注いでいきます。

  • 荻原 唯

    事務局

    荻原 唯

    弊社の就職フェアを通して、福祉の面白さに出会い、都会から田舎へ移住しました。前職での福祉現場や人事担当の経験を生かし、偶然の出会いから人生が変わることを体感していただけるような場づくりを目指します。

法人概要

法人名
一般社団法人 FACE to FUKUSHI(フェイス トゥー フクシ)
所在地
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前ビル4階106号室 レーベル株式会社内 googlemap
連絡先
06-4799-0108
メール
info@f2f.or.jp
WEB
https://f2f.or.jp/
設 立
2009年設立、2012年法人化、2014年名称変更
役職員
理事:3名 事務局:9名

沿革

2009年
「全国若手福祉従事者ネットワーク」を設立(2012年に法人化)
「若手福祉事業者の現状と今後の展望」に関するアンケート調査を実施(福祉従事者892名を対象)
2011年
若手福祉従事者のネットワーキング・仲間づくりを目的に「ネットワークフォーラム」を佐賀で初開催以後、全国各地で展開し、参加者はのべ3,000名を超える若手職員を対象とした研修合宿「出稽古プログラム」をスタート
2014年
「福祉の就職フェア」を大阪で開催、会期37日間で来場者約800名(USTREAM含めると約2,000名)法人名を「FACE to FUKUSHI」に改称
2015年
福祉就職フェア「全国FUKUSHI就職フェア」を東京で開催
2017年
福祉の業界研究イベント「フクシゴトフェス」を東京で開催
福祉就職フェアを「FUKUSHI meets!」に改称し、東京・大阪で初開催
2018年
福祉の業界研究イベント「フクシゴトカフェ」を東京と京都で開催
2019年
福祉のインターンシップフェア「FUKUSHI meets!インターンシップ」を、東京・大阪で初開催
2020年
コロナウイルス感染症の影響により福祉就職フェア「FUKUSHI meets!」をオンラインに切り替えて開催
2021年
福祉就職フェア「FUKUSHI meets!」を完全オンラインで開催。約30回開催、150法人が出展し、2000名超の申込。
「FUKUSHI meets!」を秋(10月)に、「FUKUSHI meets!インターンシップ」を冬(12月)に初開催
2022年
「FUKUSHI meets!」をオンラインで開催。約 24回開催、130法人が出展し、1800名超の申込。
2年半ぶりの対面イベントとなる「FUKUSHImeets!GO」を東京で開催
2023年
3年ぶりに対面型の「FUKUSHI meets!」が復活