Fukushi Meets! Face to Fukushi
メニュー

2019年新卒向け 福祉就職フェア 出展法人募集

出展をご検討の法人さまへ

福祉の魅力を、学生に届けたい。そして、この業界の担い手を増やしていきたい。
そんな思いで2015年から始まった FACE to FUKUSHI 主催の福祉就職フェア「 FUKUSHI meets! 」。
2017年春には、東京・大阪で61法人のみなさまにご参加いただき、536名の学生との出会いのなか74名の内定者が決まりました。出展法人のみなさまからは「他の就職フェアでは出会えなかった熱意ある学生と出会える」という声をいただき、満足度アンケートでは90点近くの好評価をいただいております。今年度も、出展法人さまの魅力が学生の皆さんに伝わる仕掛けを盛り込んだフェアを企画いたしました。より良い採用活動を実現する場として、ぜひご活用ください。

熱意のある学生が
フェアに集まる理由
FACE to FUKUSHIの取組み

  • 知ってもらう 仕掛け

    まずは、より多くの学生に福祉の仕事を知ってもらうこと。そのために、大学の先生に協力していただきながら、全国の大学でゲストスピーカーとして講義するなど、福祉の魅力を伝える活動を実施。(裾野を広げる活動)

  • かかわる 仕掛け

    福祉の仕事に興味をもった学生に、現場が体験できるイベントやボランティア、職場見学ツアー、インターンシップフェアを実施。福祉の魅力を実感してもらい、さらなる興味関心を引き出す。(魅力を実感し、興味関心を深める活動)

  • 福祉就職フェア

    福祉で働きたい学生と事業所をむすぶ「FUKUSHI meets!」の開催。私たちの活動に関わった、もしくはビジョンに共感した学生が多く参加。他のフェアでは出会えない熱意のある学生と出会うことができるのがこのフェアの1番の魅力。

【 FACE to FUKUSHI の取組事例 】

    インターンシップフェアの開催

    インターンシップ先を紹介するイベント「フクシゴトフェス」の開催など
    https://fukushigoto.f2f.or.jp/fes2017/ ・ 報告動画

    福祉ボランティアのコーディネート

    ボランティアマッチングサイト「MIRA−SAPO」の運営サポート
    http://www.mira-sapo.jp/

  • 職場見学ツアーの企画・運営

    障がい・保育・若者・就労支援など、最前線の福祉に取り組む団体を訪れる「 FUKUSHI 就活ツアー」など

福祉業界での就職に興味・関心をもつ大学生が、全国各地より多数参加

数字で見る参加学生の特徴

  • 4年制大学が97.6%
  • 3年生(新4年生)が90.0%
  • 福祉専攻の学生が83.9%
  • 社会福祉協議会のフェアに参加していない学生が66.0%
  • 社会福祉法人に就職を考えている学生が94.2%

福祉就職フェア FUKUSHI Meets! の魅力

Point115社限定なので
学生とじっくり話せる

100法人以上が出展する大規模な福祉就職フェアでは、競合も多く、自社の魅力が学生に伝わりづらい傾向があります。FUKUSHI meets! は、15社限定の午前・午後の2部制をとっており、学生とじっくり話すことが可能です。(前回フェアでは、1日あたり30法人の出展で、学生300名が参加)

Point2学生の
ブース着席率が高い

前回のフェアでは、1法人あたり平均35名の学生が着席。熱心に話を聞きいる学生の数が多いのは FUKUSHI meets! の魅力の一つ。「意欲のある学生と数多く出会える」と、法人満足度アンケートでも90点近くの好評価をいただいています。

Point3他の福祉就職フェアには
参加していない学生と出会える

参加学生の約7割が、社会福祉協議会のフェアに参加していない学生です(前回実績)。他のフェアでは出会えない学生に出会えるのが、FUKUSHI meets! の特徴です。

Point4地方への
内定実績もあり

北海道、新潟、岩手、山梨、静岡、広島、熊本、長崎など地方への内定実績も多数あります。地方ならではの魅力を学生に伝える場としてご活用ください。

Point5他の出展法人と
情報交換ができる

新卒採用や人材育成・定着支援に熱心な、全国各地の法人が集まります。フェア前日に開催する採用支援セミナーや懇親会は、出展法人同士の情報交換の場にもなっており、自社の採用活動をブラッシュアップすることができます。

Point6福祉仕事情報サイト
「フクシゴト」での情報発信

今回の就職フェアに合わせて、学生向けの福祉仕事情報サイト「フクシゴト」をリニューアルします。フェア当日以外も自社の魅力や活動を発信し、学生への認知度を高め、コミュニケーションをとる場としてご活用いただけます。
http://fukushigoto.f2f.or.jp/

Special Option

フェア限定
特別オプション

「どうすればブースに学生が集まるのか」 「当日 何を話せばいいのか」など、
FUKUSHI meets! に初めてご参加いただく法人さま限定で、
事例共有含めたアドバイスをさせていただきます。ご希望される方は、お申込時にご相談ください。

Programプログラム

出展法人と学生の距離を縮めるため、午前・午後の2部に分けて開催します。
各部とも15法人限定のプログラムとなります。

午前・午後共通プログラム

  • 出展法人リレートーク

    出展法人リレートークイメージ

    フェアの冒頭で、出展法人から参加している学生全員に向けて、自社をプレゼンしていただきます。

  • ブース型会社説明会

    ブース型会社説明会イメージ

    出展法人が各ブースに分かれて説明会を実施。前回のフェアでは、1法人あたり平均35名の学生が着席。

  • コンシェルジュブース
    カフェ休憩スペース

    コンシェルジュブースイメージ

    4年生を中心に、就職活動を経験した先輩が就活相談に応じるブースを設置。参加学生がリラックスしてフェアに参加できるように工夫しています。

特別プログラム

ブース説明会と並行して特別プログラムを開催。
学生に午前・午後の部とも参加してもらえるように、
就活生に人気の企画をそれぞれに開催。
どの時間帯でも熱気の途切れないフェア企画になっています。

自社自慢プレゼン大会(午前のみ)

各社2分間で自社自慢をしていただきます。テーマは「職場環境」と「事業内容」のいずれか。多くの学生に自社を知ってもらう場としてご活用ください。

  • 自社自慢プレゼン大会イメージ
  • 自社自慢プレゼン大会イメージ
  • 自社自慢プレゼン大会イメージ
テーマ「職場環境自慢」
1日目午前(大阪3/14・東京3/21)

社風や福利厚生、働きやすさなど、職場環境についてプレゼンしていただきます。魅力的な社内制度、社内の人間関係など、「どんな職場か」についてアピールしてください。

テーマ「事業内容自慢」
2日目午前(大阪3/15・東京3/22)

経営理念も含めた事業内容についてプレゼンしていただきます。自社の掲げるビジョンや地域への関わり、特徴的な事業など、「何をしているのか」についてアピールしてください。

自社自慢プレゼン大会には、開催日の午前・午後のどちらかに出展している法人が参加できます。
【例】3/14午前のプレゼン大会には、3/14の午前と午後に出展している法人が出場可能。

人事担当トークショー(午後のみ)

人事担当トークショーは、人事担当者2~3名と進行役1名とで進めるプログラムで、今までの FUKUSHI meets! のなかで、とりわけ人気のあるコンテンツです。
採用基準や、面接官が見ているポイント、採用したい学生の特徴など、就活生が普段気になりながらも、なかなか聞くことのできないことをお話いただきます。毎回多くの学生で賑わい、ブース型説明会で出会えない学生にも出会えるチャンスとしてご活用いただけます。

  • 人事担当トークショーイメージ
  • 人事担当トークショーイメージ
  • 人事担当トークショーイメージ

人事担当トークショーには、当日午後の部に出展している法人(先着5法人)が参加できます。

出展法人の声Voice

Voice1

ブース訪問数は120名。
うちエントリー数は20名。
実績として充分でした。

社会福祉法人 福祉楽団(千葉県)

http://www.gakudan.org/
社会福祉法人 福祉楽団ブースイメージ

大学生も企画運営に関わっているFACE to FUKUSHIさんの福祉就職フェアは、よくある合同説明会とは全く別モノでした。スーツを着ている学生はめずらしく、私服がほとんど。ブースの雰囲気も明るく柔らかい。そのせいもあってか、学生との距離も近いように思えました。
このような場で、全国各地の魅力的な団体と一緒に、自分たちが感じている福祉の魅力を、これから福祉を担う世代へと伝えられたことに感謝したいです。ブース訪問数は120名、うちエントリーは20名と実績としても充分でした。これからも福祉の仕事の面白さを次世代へと伝えていく場をつくってもらいたいです。

Voice2

地方の法人も出てみる価値あり。

社会福祉法人 みんなでいきる(新潟県)

http://www.minna-de-ikiru.org/
社会福祉法人 みんなでいきるブースイメージ

8月のフェアで出会った学生1名が、平成29年4月に入社。3月のフェアでも50名の学生と話ができ、8名が職場見学に参加。驚いたのは、地元でもない人が4名もいたことです。率直な感想は、本当にやりたいことが見つかれば地方でも人は来てくれるということ。私たちの思いやこれからやりたいこと、目指していることなどを話しているうちに、説明している法人側と聞いている学生側とが一体感をもてた場になったのではないかと思います。「フクシはおもしろい」をテーマとして全国の法人が熱意のある説明をし、それを真剣に聞く学生の姿。学生の未来を決める場、業界の未来をつくる場としての取組みだと感じています。

前回開催の実績

2015年から開催し、のべ130法人が参加。
1100名の学生との出会いをつくり、130名の内定者が生まれました。

  • 2017年3月 東京

    出展法人:36法人	展法人満足度:89.2/100点 参加学生:301名 学生満足度:86.1/100点 ブース平均訪問学生数:35.9名
  • 2017年3月 大阪

    出展法人:25法人	出展法人満足度:92.0/100点 参加学生:235名 学生満足度:83.5/100点 ブース平均訪問学生数:35.8名

東京・大阪・千葉・埼玉・山梨・新潟・北海道・熊本...の法人に

74名の内定者

参加者出身大学

【東京会場】

筑波大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、立教大学、法政大学、中央大学、首都大学東京、武蔵大学、明治学院大学、昭和女子大学、駒澤大学、専修大学、武蔵野大学、神奈川県立保健福祉大学、東洋大学、東京家政大学、山梨県立大学、明星大学、帝京平成大学、東海大学、大正大学、創価大学、文教大学、日本女子大学、日本大学、国際医療福祉大学、神奈川大学、聖徳大学、白梅学園大学、聖学院大学、日本社会事業大学、桜美林大学、大妻女子大学、東京家政学院大学、ルーテル学院大学、目白大学、東京福祉大学、立正大学、淑徳大学、文京学院大学、東京成徳大学、埼玉県立大学、東京国際大学、千葉商科大学、田園調布学園大学、関東学院大学、和洋女子大学、西武文理大学、相模女子大学、浦和大学、弘前学院大学、東北福祉大学、新潟医療福祉大学、静岡大学、静岡福祉大学、愛知教育大学、日本福祉大学、同朋大学、大阪大学、関西福祉科学大学、神戸女子大学、山口大学、沖縄国際大学、日本福祉教育専門学校、埼玉福祉保育専門学校

【大阪会場】

京都大学、大阪大学、同志社大学、大阪市立大学、京都府立大学、立命館大学、大阪府立大学、関西大学、近畿大学、武庫川女子大学、関西学院大学、甲南大学、同志社女子大学、龍谷大学、京都女子大学、四天王寺大学、神戸女子大学、梅花女子大学、佛教大学、大阪大谷大学、大阪人間科学大学、花園大学、追手門学院大学、大谷大学、桃山学院大学、大阪城南女子短期大学、京都学園大学、関西福祉科学大学、神戸学院大学、大阪経済法科大学、大阪樟蔭女子大学、関西国際大学、京都文教大学、神戸医療福祉大学、神戸親和女子大学、大阪青山大学、東北芸術工科大学、金城大学、創価大学、愛知大学、中京大学、香川大学、中村学園大学

開催概要

東京と大阪で2日間ずつ、計4日間開催いたします。午前・午後の2部制になっております。

開催日 大阪会場:
2018年3月14日(水)、15日(木)
東京会場:
2018年3月21日(水)、22日(木)
開催時間 午前・午後の2部制です。
午前の部:
10:30~13:30(開場10:15)
午後の部:
14:30~17:30(開場14:15)
会場
参加学生 午前・午後の部とも、福祉に関心のある2019年新卒の学生100~150名を想定しています。
出展法人 午前・午後の部とも、15法人
  • 午前の部で15法人、午後の部で15法人です。
  • 同一日でのご出展は、午前・午後のいずれかとなりますので、ご了承ください。
    ただし、 複数日でご出展いただくことは可能です。
情報交換会
(任意参加)
フェア前日の夜に、出展法人さま向けの情報交換会&懇親会を開催いたします。(参加は任意)
  • 大阪会場:3月13日(火)、14日(水) 18:30 ~ 21:00
  • 東京会場:3月20日(火)、21日(水) 18:30 ~ 21:00
出展費用 25万(税別)/1回
同一法人の複数日出展は可能です。
複数日出展いただく場合、出展日ごとに出展費がかかります。
例えば、1日目午前と2日目午後に出展される場合、50万円(税別)となります。

ただし、同一日で出展できるのは、午前・午後のいずれかとなります。

出展費用に
含まれるもの
ブースに設置する机、椅子、A型看板
学生向けの福祉仕事情報サイト「フクシゴト」への掲載

掲載期間:2018年3月1日 ~ 2019年2月末日

申込受付期間 先行募集:2017年11月10日(金)17:00まで 終了いたしました
第1次募集:
2017年12月20日(水)17:00まで
第2次募集:
2018年1月24日(水)17:00まで
  • 各受付期間終了後、委員を交えた書類選考を行います。
    受付期間終了後10日以内に、出展法人を決定しご連絡いたします。
  • 上記募集で定数に満たない場合には、その後も随時募集を行います。
出展規約 本フェアに出展する法人は、出展規約に定められた条件にしたがって出展を行うものとします。出展規約は、下記よりダウンロードのうえ、必ずご一読ください。出展応募する法人は、出展規約を了承したものとみなします。
キャンセル
について
出展申込後のキャンセルにつきましては、所定のキャンセル料がかかります。
詳細は、下記より出展規約をダウンロードのうえ、ご確認ください。
事務局 一般社団法人 FACE to FUKUSHI(担当:近重・松永)
〒530-0001
大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第一ビル4階1-106号室
http://www.f2f.or.jp
TEL:06-4799-0108
メール:fair-apply@f2f.or.jp

申込方法

《出展をご検討中の方へ》

出展をご検討される方は下記より資料をダウンロードください。
出展応募用紙のダウンロードをされる際には、簡単なアンケートにご協力ください。
なお、資料のダウンロードができない場合には、fair-apply@f2f.or.jp までご連絡ください。

《出展応募される方へ》

出展応募フォーム
上記の出展応募用紙に必要事項をご記入のうえ、下記の応募フォームからお申込みください。

応募フォーム

その他、法人向けサービスCorporate Support

就職フェア以外にも若手福祉人材の発掘・採用・育成・働き続けたくなる職場づくりをサポートしています。
詳しくはお気軽にお問合せください。

  • 福祉人材 採用戦略セミナー

    福祉人材 採用戦略セミナーのイメージ

    採用目的、人物像の設定、広報戦略、採用フローをワークショプ形式で練り上げていく全4回のセミナー。

  • 福祉魅力発信プロジェクト

    福祉魅力発信プロジェクトのイメージ

    他事業所との交流や大学授業での実践活動を通して、自社や業界の魅力を再認識し、伝える力を習得する全5回のワークショップ・プログラム。若手職員対象。

  • 福祉キャンプ

    福祉キャンプのイメージ

    全国各地の先進事例を視察し、先輩メンターからのアドバイスを受けながら、自社および自地域の課題を解決し、新たな価値をつくる事業を練り上げる合宿型プログラムです。

  • 福祉人材確保のための研究会

    福祉人材確保のための研究会のイメージ

    大学教員、福祉法人の経営者・人事担当者、福祉人材センター職員、行政職員、大学生など、多種多様な立場の人が集う「人材の採用・確保・定着」をテーマにした研究会。東京・大阪で開催。

福祉人材戦略フォーラム

福祉人材の確保・定着に必要な視点・ノウハウを得られる全国フォーラム。
全国各地から参加者が集まり、自由闊達な意見交換がなされるなど、ネットワークづくりの場にもなっています。

フォーラムイメージ

福祉法人向けコンサルティング

母集団形成を含めた新卒採用活動のプロセス設計、内定者フォロー、新入社員・若手社員・幹部社員の育成プログラムの企画運営など、
若手人材の採用・定着に課題を抱える福祉法人さま向けのコンサルティングを行っています。
また、ブランディングや広報・コミュニケーション施策についてもサポートしております。

(社福)みんなでいきる 
新卒採用リーフレットとWebサイトの企画制作

新卒採用リーフレットとWebサイトの企画・制作を行いました。
http://www.minna-de-ikiru.org/recruit/

学生向けの福祉仕事情報サイト
「フクシゴト」

全国各地の福祉法人の求人情報も含めて、学生に福祉の魅力を伝える仕事情報サイトです。

フクシゴト 2017 ロゴ

お問合せ

福祉就職フェア・法人サポートなどのご相談は、
お電話もしくは下記フォームよりお気軽にお問合せください。

電話番号 06-4799-0108 電話番号 06-4799-0108

電話をタップして発信

FACE to FUKUSHI
メルマガのご案内 (登録無料)

FACE to FUKUSHI メルマガ読者の皆さまには、
イベント案内など各種最新情報をいち早くお届けしております。
ぜひご登録ください。

メルマガ申込