プレスリリース

300名を超える学生が参加!地域×福祉をテーマとした、福祉就職フェアを開催します。

2016.03.19
全国の若手福祉人材の採用・育成を支援する一般社団法人 FACE to FUKUSHI(所在地:大阪府大阪市、代表理事・河内崇典/大原裕介)は、2016年3月21日(月・祝)に、日本財団(東京都港区)において、 「2017新卒向け FUKUSHI就職フェア」を開催します。北海道から九州まで全国の福祉法人を集めた学生向けの福祉の合同企業説明会を実施。全国各 地で、地域福祉を支えていく担い手を募集します。
FACE to FUKUSHIは、2009年に発足し、若手の福祉従事者同士をつなぐイベントを全国各地で開催。毎年1000人以上が参加しています。また、若手の福祉 従事者に対してアンケート調査を実施し、福祉に関わる人の仕事観や課題などを調べています。今回の「FUKUSHI就職フェア」は、300名以上の学生が 集い、全国各地の福祉法人が出展するイベントです。

主催 一般社団法人FACE to FUKUSHI
助成 公益財団法人日本財団
後援 社会福祉法人東京都社会福祉協議会、日本社会福祉士養成校協会、日本精神保健福祉士養成校協会

【開催概要】
2017新卒向け FUKUSHI就職フェア


日 時   2016年3月21日(月・祝)12:00-18:00
会 場   日本財団ビル(東京都港区赤坂1−2−2 )
定 員   300名
対 象   ○2016年度卒業予定の大学生、専門学校生
参加費  無料
WEB  http://fukushigoto.f2f.or.jp/fair201603/

【プログラム】
12:00 – 12:30 オープニングメッセージ
12:30 – 13:30 出展法人ピッチトーク
13:30 – 18:00 ブース型会社説明会・FUKUSHI MARKET

13:45 – 14:45 FUKUSHI MAKERS SUMMIT
15:45 – 17:00 福祉のキャリアトークショー


■福祉業界における課題と、FACE to FUKUSHIの取り組み

他の先進諸国に例をみないスピードで少子高齢化が進んでいる日本では、現在の高齢者人口は3190万人(平成26年版高齢社会白書)。また、日本には、 741万人の障がいを持つ方が暮らしており、国民の6%が何らかの障がいを有しています(平成25年版障害者白書)。各地域で高齢化率が高まり、若者が都 市に流出する中で、暮らしを支える福祉を担う人材が、足りなくなってきています。2025年には約30万人の介護職員が不足することを、厚生労働省も発表 しています。

そのような中で、FACE to FUKUSHIでは、誰もが当たり前に生きることのできる社会を実現するために、将来を担う若者の発掘・採用・育成の支援に取り組んでいます。全国各地の 魅力的な取り組み・事業所を発掘し、福祉の仕事のクリエイティブさを若者へ発信。学生に向けた就職のマッチングフェアを実施し、各地の事業所の人材の確保 をサポートしています。

■新卒向けの求人メディア「フクシゴト」をOPEN!

福祉の新卒採用業界は、他業界に比べて活発ではなく、福祉の就職活動に関する情報不足が不足しているのが現状です。学生からも「どのような福祉の仕事があ るのかわからない」「どの法人が自分が働きたいところなのかわからない」など、州ショック活動の不安な声をたくさん聞いています。
このような状況に対し、福祉業界に特化した福祉の仕事情報サイトを提供することで、学生の福祉の仕事に対する意識を高めていこうと思っています。
福祉の仕事、法人の特徴がわかるような『求人記事』、福祉の仕事に触れることができる『イベント紹介』、福祉ではたらく人を紹介する『福祉人図鑑』など多様なコンテンツを揃えています。
フクシゴトURL:https://fukushigoto.f2f.or.jp/


■地域福祉を支える先進的な取り組みが、各地で行われています

コミュニティから イノベーションをおこす あたらしい仕事
(社会福祉法人 福祉楽団/千葉県香取市)

高齢者や障害者、子どもといった制度による縦割りの福祉サービスではなく、地域に何が必要かという視点で「やるべきこと」を考えて実践している。ケアの対 象は「人」だけではなく、元気のなくなっている「コミュニティ」や 荒れた「里山」や「農地」、シャッターの多くなった「商店街」。こ うした課題に向き合って、解決策を提示している。
FUKUSHI就職フェア出展団体:社会福祉法人 福祉楽団(千葉県香取市)

 


自然を活かして、六次産業化にチャレンジ
(社会福祉法人 八ヶ岳名水会/山梨県北杜市)

平成4年の設立以来、障がいを持っている人たちの支援を実施。玉ねぎ・とうもろこし・じゃがいも・人参・大豆など季節の有機野菜や、お米や小麦を栽培し、 生産・加工・販売を一貫して行う六次産業化に取り組んでいる。地元の農家さんの畑を借りるなど、地域の人たちとも密接につながった取り組みを行う。
FUKUSHI就職フェア社会福祉法人 八ヶ岳名水会(山梨県北杜市)

 

 

消滅可能性都市で、福祉がまちの一大産業に
(社会福祉法人 ゆうゆう/北海道石狩郡当別町)

平成17年に法人化。障がいを持つ子どもからお年寄り、家族まで幅広いニーズに対応し、障がい者や地域の人が一緒に働くレストランや共生型コミュニティ農 園などを展開。約17000人が暮らす当別町内で、まちで1番の産業となりつつあり、モデル事例として視察も多く訪れる。
FUKUSHI就職フェア出展団体:社会福祉法人 ゆうゆう(北海道石狩郡当別町)